2008 2007 2006 2005
jul - dec
2005
jan - jun


dec. 25, 2005
john tropea band with kenya hathaway @ motion blue yokohama

John Tropea (g)、Anthony Jackson (b)、Lou Marini (sax)、Leon Pendarvis (org)、Clint de Ganon (ds, vo)、Kenya Hathaway (vo)

Kenya (Donny Hathaway の娘) のヴォーカルは 思った通り、いや、想像以上に素晴らしかった!  特に、「summer time」 と Kenya のオリジナル 「today's people」 は、歌とバンドに全身で聴き入りました。
そして、デュエット 「you're my heaven」 での Clint de Ganon の歌の上手さにも驚き。
それにしても Kenya、可愛いです!  落ち着いた、洗練された美しさに、同性ながらちょっとドキドキ。
Lee Ritenour の overtime というアルバムでは、彼女のオリジナル 「possibilities」 が聴けますので check してみて下さい♪
dec. 22, 2005
kankawa all stars feat. ms. toni ann @ dress-tokyo

Kankawa (org)、竹内 直 (ts)、Fuyu (ds)、Toni Ann (vo)

Old Jazz から Funk まで、プレイヤーそれぞれが最高で、まるで異次元ポケットに放り込まれたよう!
「my favorite things」 他でのヴォーカルも Spiritual で圧倒されました。
こんなライヴ、今まで見た事ありません!  ハートにジ〜ンと沁みて涙、、、楽し過ぎて涙、、、。
今日のライヴは 本当に 人生の宝になりました。  と同時に、言葉では言い表せない、ものすごいパワーを与えてくれました。
誘って下さった Rさんに感謝します!
kankawa さんの演奏を通じて、Jimmy Smith の偉大さを改めて痛感。
nov. 9, 2005
Joao な夜、 Bona な朝


先月 浮かんだ Bossa Nova 調の曲。  時々 Reggae 調にも変わったりしながら、この所ずっと 頭の中でヘビーローテーション♪  どちらも合うので、どう仕上げようか、、、。
だからではないけど、久々に Joao Gilberto の 「Live in Montreux」 が聴きたくなり、Yuraly で買った Candle と共に夜更かし。
続けて Richard Bona の Album も 3枚聴き、久々にゆっくりした時間。



evertla の candle

oct. 2, 2005
eric benet @ motion blue yokohama


ヴォーカルがあまり聞こえなかったのが残念だったのと、2nd Album の 「love of my own」 を歌ってくれたらもっと嬉しかったな。
個人的好みですが、アコースティックな感じで じっくりヴォーカルを聴きたいシンガーだと思いました。
Rob Lewis (2人いたキーボードの Rodes の方) のPLAYがツボでした♪
sep. 14-24, 2005
Ghana & Egypt 旅行


初めての Africa!  Ghana に 7日間滞在してきました!  Egypt 経由で片道 2日かかるので、計 11日間。
空から見る Egypt の夜景は、オレンジにエメラルドグリーン (ターコイズブルー) が混ざって ビーズのよう!  Ghana はよく電気が止まると勝手にイメージしていたので、キラキラの夜景に驚きました。  首都 Accra の Kotoka Airport に着陸と同時に拍手がパチパチパチ★
空港に迎えに来てくれた車に乗り込むと、Bob Marley が流れ♪、次に流れたP-FUNK系の音楽がもっすごいFunky で、Ghana の土地と混ざり合い、濃いぃぃGroove!
近所では ほぼ毎日、朝 6時〜夜中 2時頃まで Reggae が流れ、外では朝 7時頃から 皆でお喋りが始まります (みんな声が大きい)。  夜遅くまで道沿いにズラーッとお店が開いていて 人がたくさん、子供も外で遊んでいます。  踊っている人達もいました (大人も子供も)。
Cape Coast Castle で観た、昔の地元の部族の生活を再現したビデオは、BALAFON (バラフォン) という木琴で JAZZ風の演奏をしたり、裸足でTAPをやったり、Talking Drum で遠くの人と会話をしたり、学校では小さい頃から Rap をやったりと、African American の Roots が見えるビデオでした。
Ghana は多分 Africa で一番平和な国。(女性一人でヒッチハイクをしていた)。  人々は陽気で大らか♪(Ghanaian にストレスという言葉の意味を説明しても 理解できません)
私にとっての豊かさと幸せがいっぱいありました。
次回の目標 (今回時間が足りず やり残した事) は、「カルチャーセンターで色々な部族の Talking Drum や、歌、ダンスを観る」  「列車に乗る (もちろん外側)」  「TROTRO (乗合バス) に乗る」  「Salsa Dance の Lesson を受ける」  「McBonald's に食べに行く」 です!

AFRICA、縁がある人のみ行ける場所。  もちろん どの土地 (国) もそうなんだけれど。  でも特に Africa はそんな気がする。  仮に 行っても、縁が無いと あまり感じられないだろう。
一生のうち、1〜2回旅行して通り過ぎる所、何度も訪れる所、家を買って行き来したりして 半分住む所、移住する所。  自分にしっくりくる土地・文化・人々は、必ずしも生まれた国とは限らない。
  ghana 1    ghana 2    ghana 3    ghana 4    ghana 5
  ghana 6    ghana 7    ghana 8    ghana 9    ghana 10
  egypt 1    egypt 2    egypt 3    egypt 4
sep. 8, 2005
人生


気づくべき事 (課題・使命) に気づき、その人の本来あるべき姿へ戻るための旅。   そして、その課題は 人それぞれ。
sep. 7, 2005
ガーナ大使館


昨日は Ghana Embassy で VISAの申請。  やった!  やっと終わりましたー!
少し安心して気が緩んだのか、体調ガクッと 更に絶不調。
明日会う約束の友達にキャンセルの電話を入れると、彼女の方はちょうど配偶者ビザの手続きが終わったところ。
お互い ビザ他の手続きの大変さ等の話もして、なんだか落ち着きました。

写真は、その彼女の旦那様 (ティモール出身) の作品♪
携帯で撮ったので色がうまく出ていませんが、左は鮮やかなオレンジ、右は 赤バージョン。
やわらか〜い空気に包まれる。。。
sep. 6, 2005
Shirley Horn & Miles Davis


Shirley Horn の歌とピアノは、細胞深くまで染み込んで、心地良い金縛りにあって、うっとり夢見心地にさせてくれる …。
Miles は、もう あえて触れるまでもなく 、、、。







. この diary を書いた翌月、
. Shirley は 他界。
.
Oct. 20th.、 71才。
. ご冥福をお祈り致します。
aug. 31, 2005
黄熱病 予防接種


予防接種は痛いと聞いていましたが、チクリともしませんでした (覚悟して行ったのに … なんか損した気分)。  注射の後、30分で YELLOW VISA を GET!  弱毒ウィルスを注射するので 1週間ほど副作用が出る人もいるらしく、どうやら私もその 1人。
帰りにCDを買いたくなったので (← 副作用ではありません)、HMV & タワレコへ。  19時頃からだるくなってきましたが、偶然ガーナの友達 2人に会ったので、お茶をし 帰宅。  今度は 全身が熱くなり、汗がダラダラ。  携帯メールをしようとしたら指がけいれんして打てません。  少し前にメールした友達から 「黄熱病のわりにはテンション高いね」 と返信が。(私、黄熱病じゃないから)
2日目。  だるくて体が重い。  注射した左腕から肩の方まで、左上半身が少し痛い。
3日目。  朝起きると 腰が痛い。  時間と共にひどくなってきたので、病院に行きました。
私 「黄熱病の注射したばかりなんですけど、関係ありますか?」    先生 「いや、登山のせいですね」  … 登山の副作用、、、情けなかぁ。
4〜8日目、時々、腕が腫れたり 熱が出たり … etc ...  いつ落ち着くのでしょう。。。
aug. 6, 2005
佐原市立水生植物園 & 古代エジプト展 @ 大丸ミュージアム

満開の巨大蓮と うだる暑さ。  ここ数年で一番暑くて バテそうだったけど、「カフェしえと」 に入って なんとか生き返りました♪
帰りに古代エジプト展へ行き、エジプト行きたいな〜なんて思ったら、、、なんと 来月 行けることにっ。  なんというタイミング(笑)
私、小さい頃から小学?年生くらいまで、週一回は砂漠の夢を見てたんですよね。  実際行ったら 何かわかる (感じる) のかな?
話は変わって、今、世界陸上やってますね。  自分が走るのは恐ろしいくらい遅いけど、見るのは好き。  もちろん、当分 寝不足です …。


jul. 15, 2005
somewhere in heaven


「it also remnds me that you don't have to die to go to heaven.  you can create your heaven right here on this earth and that's what this song is about.  it's your choice.」
これは SANTANAの美しい曲 ”somewhere in heaven” に対する、彼自身のコメント。(ライナーノーツより)
「you can create your heaven right here on this earth.  it's your choice.」 に深く共感。
jul. 6, 2005
will smith in south africa


テレビで Will Smith の南アフリカでのライヴを見ました。  大きなホールで花火などを使って派手なステージです。
大掛かりなセットより、こじんまりしたライヴハウスの family atmosphere が好きな私ですが、これは良かった♪
南アフリカのダンサーとのコラボ!  African Dance とHip-Hopの融合 (というと大袈裟かな?)。  振り付けがどうのではなくて、久々に胸躍る生きたダンスを見た!という感じでした。  そして、Africa のミュージシャンの歌もダンスもいい!  瞳も生き生きしています!  Africa は中から溢れ出すものがやっぱり違うなー!と一人納得&熱くなって見ていました。
でも何より、Alicia Keys がピアノで歌った Bob Marley の 「Redemption Song」 が最高でした!

私自身が踊って胸が弾んだダンスといえば、CUBA人の先生とのSALSA♪  ペアになって踊る前のエクササイズとして African Dance っぽいのをやったのですが、これが楽しいのなんの!  その日 大雨の為、生徒は私一人。
最後 「まるでCUBAで踊ってるみたいだ!」 と先生が満面の笑顔で言ってくれ、それで更に楽しさUP!


top of page


2007 2007 2006 2005
jul - dec
2005
jan - jun