奥の建物は 3階建ての予定。
1階が完成した時点で人が住み、その後 2〜3階の工事が進みます。
これって african way?

carpenters の皆さん。
africa はのんびり働くという勝手なイメージだけど、さすがに現場の人は真剣、よく動く。
クリスマスには、普段のお給料に加え、羊が一頭欲しいそう。

置いてある資材等が盗まれないよう、ずっと現場で寝泊りしてくれている友達、白シャツの Rasta Business君。 感謝してもし切れません。

入口やドアは gentle curve が好きなのに、気がつけば全部、グルッと丸いカーブに。
やっぱり口頭でイメージを伝えるのは難しい。
壁は何色にしようか

これは予定外。 イタリアから輸入した大理石。
他の建築物で使うはずだったものが急に不要になり、安値で売りに出していた為、急遽購入。
2日後に追加購入しようとしたら、全て sold out。
でも、大理石は水で濡れるとツルツル滑るので、子供達が走って転ばないかと、後から心配に。

鉄骨やコンクリート等の基礎部分さえ完成すればあとは楽々 … と思っていたら、実はその後の細かい所の方が意外と大変、、、らしい。

やっぱり頭に乗せるんだ


top of page

 back  to diary 2006