Thanks for stopping by...you all...  Live Green  緑(自然)に暮らそう  登山日記  


日付順山域別 日付順山域別 ルート順

SEQ 日付  ルート  コメント  山域
65 2016/ 9/24〜26 鏡平〜双六小屋〜黒部源流〜岩苔乗越
〜ワリモ岳〜鷲羽岳〜双六小屋〜鏡平
・曇天とガスの紅葉最盛期
・雨予報で 雲ノ平、水晶岳、
  五郎池、烏帽子岳 中止
北アルプス 岐阜・長野・富山
64 2016/ 9/10 塔ノ岳 先週の前穂高より何故か疲れた 関東:丹沢 神奈川
63 2016/ 9/1〜2 岳沢〜天狗沢〜岳沢〜前穂高岳〜岳沢 案外楽でホッとした重太郎新道 北アルプス:槍・穂高 長野
62 2016/ 8/26 塔ノ岳 珍しくアルプスに行かない8月 関東:丹沢 神奈川
61 2016/ 7/27〜29 涸沢〜北穂高岳〜涸沢 意外とやさしい 南稜 北アルプス:槍・穂高 長野
60 2016/ 7/24 塔ノ岳 前穂高 中止したのに北ア晴れ 関東:丹沢 神奈川
59 2016/ 7/10 塔ノ岳 また前穂高岳中止・・・ 関東:丹沢 神奈川
58 2016/ 7/3 塔ノ岳 高尾山 4往復 < 塔ノ岳 1往復 関東:丹沢 神奈川
57 2015/ 10/4〜5 仙水峠〜甲斐駒ヶ岳〜仙水峠 爆弾低気圧で稜線の紅葉終了 南アルプス:北部 山梨・長野
56 2015/ 9/26〜29 槍沢〜天狗池(氷河公園)
〜横尾尾根のコル(天狗のコル)
〜横尾本谷右俣 黄金平〜横尾尾根のコル
〜天狗池〜槍沢〜涸沢
〜屏風パノラマコース(屏風の耳)〜涸沢
・喧騒の涸沢と すぐ隣の秘境
・曇天の黄金平
・穂高エリアで一番好きな景色
  屏風の耳より 錦秋の穂高
北アルプス:槍・穂高 長野
55 2015/ 9/12〜15 鏡平〜双六小屋〜樅沢岳〜西鎌尾根
〜槍ヶ岳山荘〜大喰岳〜中岳〜南岳
〜天狗池(氷河公園)〜槍沢
・13日、双六小屋 停滞
・時間余り、黄金平の下見を
  兼ねて 南岳まで足延ばす
北アルプス 岐阜・長野
54 2015/ 9/5 塔ノ岳 台風予報で赤牛岳中止 関東:丹沢 神奈川
53 2015/ 8/9〜10 小仙丈ヶ岳〜仙丈ヶ岳
〜藪沢ルート(重幸新道)
まるでハイキング、小仙丈尾根 南アルプス:北部 山梨・長野
52 2015/ 7/31〜8/3 赤石岳〜百間洞山の家〜中盛丸山
〜小兎岳〜兎岳〜前聖岳〜奥聖岳
〜前聖岳〜小聖岳〜聖平小屋
・南アルプスのジャイアント
・キツさより楽しさ勝る縦走路
・花の撮影に夢中で、軽い捻挫
南アルプス:南部 静岡・長野
51 2015/ 7/25〜26 白馬大雪渓〜白馬岳頂上宿舎〜杓子岳
〜白馬鑓ヶ岳〜鑓温泉
毎日あるぺん号 7/19,22,23
  の取消料¥14,400也
北アルプス:後立山 長野・富山
50 2015/ 7/20 塔ノ岳 今日は白馬岳のはずが・・・ 関東:丹沢 神奈川
49 2015/ 7/12 塔ノ岳 汗疹・・・低山の暑さ侮るなかれ 関東:丹沢 神奈川
48 2015/ 6/13 塔ノ岳〜行者ヶ岳〜ヤビツ峠 バカ尾根様様
  好アクセス、がっつり鍛錬
関東:丹沢 神奈川
47 2015/ 5/22〜23 ヤビツ峠〜行者ヶ岳〜塔ノ岳〜丹沢山
〜蛭ヶ岳〜臼ヶ岳〜檜洞丸〜ツツジ新道
ただの修行・・・花の無い
 「蛭ヶ岳〜臼ヶ岳〜檜洞丸」
関東:丹沢 神奈川
46 2014/ 10/24〜26 黒部峡谷 下ノ廊下 (黒部ダム
〜旧日電歩道〜水平歩道〜欅平)
待望の断崖絶壁の回廊
やっぱり凄い冠松次郎
北アルプス 富山
45 2014/ 10/19 高尾山〜城山〜景信山〜陣馬山 逆コースより歩き応えあり 関東:高尾・陣馬 東京・神奈川
44 2014/ 9/26〜29 剱沢雪渓〜二股〜仙人池
〜池の平山(南峰)〜鉱山道 展望台
〜平の池(剱池)〜仙人池〜二股
〜剱沢雪渓
長年焦がれた裏剱
絶景と感動の連続
やっぱり黒部が好き
北アルプス:剱・立山 富山
43 2014/ 9/12〜13 五竜岳 「地蔵ノ頭〜山荘」 3時間半? 北アルプス:後立山 長野・富山
42 2014/ 8/22〜23 三伏峠〜烏帽子岳〜小河内岳〜烏帽子岳
〜三伏峠
2日間で3〜4日分の充実感
私の中の百名山
南アルプス 長野・静岡
41 2014/ 7/25〜28 三伏峠〜塩見岳〜北荒川岳〜三峰岳
〜間ノ岳〜北岳〜右俣
登って良し、眺めて良し
  去り難し塩見岳
南アルプス:中部〜北部 長野・静岡・山梨
40 2013/ 10/6〜7 栂池自然園〜白馬大池〜小蓮華山
〜白馬大池〜栂池自然園
色彩の宝石箱 北アルプス:後立山 長野
39 2013/ 9/28〜29 前烏帽子岳〜四十八池(烏帽子田圃)
〜南沢岳〜四十八池〜前烏帽子岳
・肝試し、七倉〜高瀬トンネル
・9/27の寒気で紅葉ダメージ
北アルプス 長野・富山
38 2013/ 9/19〜21 浄土山〜龍王岳〜獅子岳〜五色ヶ原
〜越中沢岳〜五色ヶ原〜獅子岳
〜東一の越〜タンボ平〜黒部平
・念願の「東一の越〜タンボ平」
・越中沢岳 再訪
北アルプス:立山 富山
37 2013/ 9/14 陣馬山〜景信山〜城山〜高尾山 天候不順続き、運動不足解消 関東:高尾・陣馬 東京・神奈川
36 2013/ 8/9〜12 浄土山〜獅子岳〜五色ヶ原〜越中沢岳
〜北薬師岳〜薬師岳
・ガスガスの五色ヶ原〜スゴ乗越
・スゴ乗越小屋、単独4人談笑
北アルプス:立山 富山
35 2013/ 7/19〜22 赤石岳〜小赤石岳〜荒川岳/荒川三山
(前岳・中岳・東岳/悪沢岳)〜千枚岳
赤石岳北沢源流部と
  荒川前岳斜面のお花畑
南アルプス:南部 静岡・長野
34 2013/ 7/6〜8 白根御池〜北岳〜右俣 8年振り、2度目の南アルプス 南アルプス:北部 山梨
33 2013/ 6/9〜10 みずがき山自然公園〜富士見平〜瑞牆山
〜富士見平
霞みで眺望は今ひとつも
  満足度高し
奥秩父 山梨
32 2012/ 10/13〜14 廻り目平〜金峰山〜大日岩〜富士見平 予想外の絶景 奥秩父 長野・山梨
31 2012/ 10/5〜7 岳沢〜天狗沢〜岳沢〜上高地〜涸沢
〜屏風パノラマコース(屏風のコル)
〜新村橋
・初遭遇、オコジョと・・・子熊
・10年に1度の紅葉
北アルプス:槍・穂高 長野
30 2012/ 9/28〜29 燕岳 台風北上で縦走断念・・・ 北アルプス 長野
29 2012/ 9/14〜16 涸沢〜ザイテングラート〜涸沢岳
〜ザイテングラート〜涸沢
・危うく滑落の巻き添えに・・・
・渋滞で奥穂高岳パス
北アルプス:槍・穂高 長野・岐阜
28 2012/ 9/1〜3 鏡平〜弓折岳〜大ノマ岳〜笠ヶ岳
〜抜戸岳〜笠新道
・秀麗なお姿に惚れ惚れ
・輝く秩父平、杓子平
北アルプス 岐阜
27 2012/ 8/18〜20 爺ヶ岳〜布引岳〜鹿島槍ヶ岳〜布引岳
〜爺ヶ岳
登山道も展望も優等生 北アルプス:後立山 長野・富山
26 2012/ 8/3〜5 岩小屋沢岳〜鳴沢岳〜赤沢岳〜スバリ岳
〜針ノ木岳〜針ノ木雪渓
危険危険と脅され ド緊張も
  結果 取り越し苦労
北アルプス:後立山 長野・富山
25 2012/ 7/25〜29 前烏帽子岳〜四十八池(烏帽子田圃)
〜烏帽子岳〜前烏帽子岳〜三ツ岳
〜野口五郎岳〜赤岳〜祖父岳〜雲ノ平
〜太郎兵衛平
・憧れの裏銀座デビュー
・信濃大町駅にポツーン下車
・美しい 残雪の水晶岳
北アルプス 長野・富山
24 2011/ 10/7〜9 岳沢〜上高地〜槍沢〜天狗池(氷河公園)
〜横尾尾根のコル(天狗のコル)〜天狗池
〜槍沢
・お茶だけしに岳沢へ?
  みぞれで前穂高岳 中止
・黄金平の下見 失敗
北アルプス:槍・穂高 長野
23 2011/ 9/23〜26 燕岳〜西岳〜水俣乗越
〜天狗池(氷河公園)〜槍沢
表銀座デビュー
西岳は槍の展望台
北アルプス 長野
22 2011/ 9/8〜9 西穂高岳 (独標) 復活! 2年振りの北アルプス 北アルプス:槍・穂高 岐阜・長野
21 2011/ 5/15 西沢〜本棚〜畦ヶ丸〜大滝沢 清涼空間  〜 本棚と新緑 〜 関東:丹沢 神奈川
20 2011/ 4/29 犬越路〜大室山〜加入道山〜白石峠 どうしちゃったの RICOH CX5 関東:丹沢 神奈川・山梨
19 2010/ 7/19 熊沢田代〜燧ヶ岳〜尾瀬沼〜大江湿原 ドロドロ長英新道はもうこりごり 上信越:尾瀬 福島
18 2010/ 6/1 ツツジ新道〜檜洞丸〜犬越路 シロヤシオと新緑 関東:丹沢 神奈川
17 2010/ 5/15 鍋割山〜塔ノ岳 新緑を求め初丹沢 関東:丹沢 神奈川
16 2009/ 9/25〜28 槍沢〜天狗池(氷河公園)〜南岳〜中岳
〜大喰岳〜槍ヶ岳山荘〜ヒュッテ大槍
〜槍沢
氷河公園から望む東鎌尾根
  紅葉に夢見心地
北アルプス:槍・穂高 長野・岐阜
15 2009/ 8/11〜12 七倉岳 憧れの船窪小屋 北アルプス 長野
14 2008/ 12/6 金時山〜明神ヶ岳 薄っすら雪化粧の金時山 関東:箱根 神奈川
13 2008/ 11/22 陣馬山〜景信山 低山デビュー! 富士山&紅葉 関東:高尾・陣馬 東京・神奈川
12 2008/ 10/12〜13 奥大日岳〜中大日岳〜大日岳〜大日平
〜称名滝
ビロードの山肌、焼ける剱 北アルプス:立山 富山
11 2008/ 9/27〜28 爺ヶ岳〜冷池山荘〜爺ヶ岳 雪と紅葉が絶品 北アルプス:後立山 長野・富山
10 2008/ 9/10〜11 剱沢〜別山〜真砂岳〜富士ノ折立
〜大汝山〜雄山
岩銀杏の黄金色の絨毯 北アルプス:立山 富山
9 2008/ 8/7〜10 栂池〜白馬大池〜白馬岳〜清水岳
〜白馬岳〜雪倉岳〜水平道〜朝日小屋
〜朝日岳〜蓮華温泉
・お花を求めて 憧れの清水岳
・看板に偽りあり「水平道」
・熱射地獄の4日間
北アルプス:後立山 長野・富山・新潟
8 2007/ 9/30〜10/2 雄山〜大汝山〜富士ノ折立〜真砂岳 粘り勝ち負け 北アルプス:立山 富山
7 2007/ 8/5〜8 鏡平〜双六岳〜三俣蓮華岳
〜黒部五郎岳カール〜鷲羽岳
〜三俣蓮華岳〜双六小屋〜鏡平
・黒部五郎は まるで別世界
・熊の棲み処に迷い込む
北アルプス 岐阜・長野・富山
6 2006/ 10/9〜11 涸沢〜上高地〜中の湯温泉旅館
〜新中ノ湯ルート〜焼岳〜中ノ湯ルート
・三段紅葉と紺碧の空
・美しい 中の湯ルートのブナ林
北アルプス:槍・穂高 長野
5 2006/ 8/20〜23 燕岳〜大天井岳〜常念岳〜蝶ヶ岳 蝶ヶ岳は 槍〜穂高の展望台 北アルプス:常念山脈 長野
4 2006/ 7/31〜8/1 唐松岳 初 北アルプス 北アルプス:後立山 長野・富山
3 2005/ 8/19〜20 夜叉神峠〜砂払岳〜鳳凰三山(薬師岳・
観音岳・地蔵岳)〜高嶺〜白鳳峠
間違いだらけの登山デビュー
100円カッパに綿のシャツ
南アルプス:北部 山梨
2 2005/ 7/21〜23 大江湿原〜尾瀬沼〜三条ノ滝〜尾瀬ヶ原 一面のニッコウキスゲに感激 上信越:尾瀬 福島・群馬
1 199?/ 8/?〜? 富士宮口〜富士山〜須走口 まだ山に目覚める前で 記憶薄 富士山 山梨・静岡
SEQ 日付  ルート  コメント  山域


標高 〜1500m 〜2000m 〜2500m 2501m〜 ヤマレコ


※ 高尾山は、基本的にリストから除外しています。



自然は感動がいっぱい!
私にとって 自然巡りは人生に不可欠。 大自然の中に行くと、頭が空っぽになる。 心も自分も空っぽ。
それは、音楽などの 好きなことをして集中している時の空白の時間と また違う。
そして、幸せな気持ちで一杯に満たされる。 高価な装飾品も何もいらないけど、これだけは止められない!
車で簡単に行けないような場所は、観光地と違い、やはり格別です。
人の多い休日は雰囲気が一変してしまいますので、是非 平日を狙って訪れ、自然と対話してみてはいかがでしょうか。
体を使いテクテク歩くと、いかに普段、便利な生活=だらけた生活 かに気づかされます。
又、いらないものが削ぎ落とされます。 ジョリジョリ。
それは 脂肪であったり、日常の垢であったり、too much な物欲であったり・・・、人によりけりでしょう。

自然に包まれた時に与えてもらったもの・感じたものが、自分の中を巡り、メロディーとして溢れ出てくる。
それが曲が生まれる要素の全てではありませんが、でもそんな風に これからも音を創っていけたらと思います。


Nature is the best artist.
Trekking is not only a hobby of mine, but I do enjoy it. I hope you'll enjoy a nice visual journey through my pictures.

I'm inspired by a lot of stuff (Music, Nature...). It's my little heaven here on earth...

This page will have more photos as the seasons pass...



写真を撮りながら 比較的のんびり歩いています。 休憩時間も全ては記載しておりませんので、コースタイムは あまり参考になりません。



outdoor stuff (山道具
登山を始めて 7年程経った頃、ふと、それまで全く気にならなかった 「私って山にどんだけお金使ってんだろ」 という疑問が初めて浮かびました。
「散財防止の為に少しは把握しなくっちゃ」 程度の 自分用のメモという感じなので、大した内容ではございませんが、何かの参考になれば幸いです。
こんなザック使ってます、あんな靴履いてます。 愛用品、買わなきゃ良かったちょっと後悔の品・・・などなど。

今後 行きたい山
夏は、『仙丈ヶ岳〜仙塩尾根〜両俣小屋〜三峰岳〜農鳥岳』 『塩見岳〜蝙蝠岳』
『聖岳〜上河内岳〜茶臼岳』 『火打山〜妙高山』 『白山』 『会津駒ヶ岳』
『苗場山』 『鳥海山』 『月山』 『焼石岳』 『朝日連峰』 『飯豊連峰』 『カナディアンロッキー』

秋は、『大雪山』 『水晶岳〜赤牛岳〜読売新道』 『野口五郎岳〜真砂岳〜南真砂岳〜竹村新道〜湯俣岳』
『燕岳〜餓鬼岳〜唐沢岳』 『雨飾山』 『白馬岳〜三国境〜鉱山道〜蓮華温泉』
『栂池〜白馬大池〜蓮華温泉〜風吹大池』 『平乃小屋〜五色ヶ原〜獅子岳〜東一の越〜タンボ平』
『横尾谷左俣(北穂池)』 『千枚岳〜荒川三山〜赤石岳〜大沢岳』 『両神山』 『西沢渓谷〜甲武信ヶ岳』
『谷川岳』 『栗駒山』 『秋田駒ヶ岳』

好きな山・稜線
夜景が見えるような所よりは、街の灯りの届かない山深い所が好きです。

お気に入りの山・景色は、
▼ 北アルプス ▼
『剱沢雪渓〜裏剱(池の平&仙人池)』 『黒部峡谷 下ノ廊下』 『赤沢岳〜スバリ岳〜針ノ木岳』
『黒部五郎岳のカール』 『野口五郎岳から見る残雪&初秋(草紅葉)の水晶岳』 『雲ノ平から望む水晶岳』
『紅葉の黒部源流』 『紅葉の栂池自然園』 『紅葉の涸沢〜屏風パノラマコース(屏風の耳)』
『紅葉の黄金平(横尾本谷右俣)』 『氷河公園上部から望む紅葉の東鎌尾根』 『紅葉の東一ノ越〜タンボ沢』
『獅子岳〜五色ヶ原〜越中沢岳』 『烏帽子岳〜南沢岳』 『焼岳の中ノ湯ルート(今は廃道)のブナ林』
▼ 南アルプス ▼
『塩見岳〜北荒川岳〜三峰岳〜間ノ岳』 『小河内岳』 『中盛丸山〜小兎岳〜兎岳〜聖岳』
▼ 奥秩父 ▼
大日岩(瑞牆山・金峰山エリア)からの展望
▼ 丹沢 ▼
新緑&ツツジの季節の丹沢

好きな山小屋、居心地の良かった山小屋
ご主人やスタッフの方々の人柄、他の登山者との楽しかった交流なども含まれていますので、「思い出の山小屋」と言った方が正しいでしょうか。
比較的空いている時に泊まっているので、混雑時ならまた印象が違ったかもしれません。
【北アルプス】 池の平小屋、真砂沢ロッジ、船窪小屋、朝日小屋(の夕食)
【南アルプス】 赤石小屋、荒川小屋、小河内避難小屋、熊ノ平小屋(ピカピカにお掃除されていました)
北アルプスの烏帽子小屋や野口五郎小屋も結構好きです。

■ いつか泊まってみたい山小屋
【南アルプス】 赤石岳避難小屋、中岳避難小屋、両俣小屋

■ 出来ればもう泊まりたくない山小屋
【北アルプス】 ・・・ま、これはいいとしますか (^^;)

好きな季節
初めは、夏のお花の時期と 紅葉の時期にしか興味がありませんでしたが、いつの頃からか、空気の澄んだ9月や 新緑の時期も好きになり、そして、芽吹きの早春も美しいと感じるようになりました。
特に 9月初旬〜中旬の、濃い緑が黄色味を帯びてくる 黄緑色の頃が好きです。 澄み切った高い空、雲のシュプール、頬を撫でる涼やかな風。
夏のように 汗やギラギラの日射しと戦う必要もなく、肌全体で山を感じられ、そして何より、激混みの山小屋からも開放され、山も本来の姿を取り戻すような気がします。
紅葉は相変わらず 今も昔も一番好きですが。

冬山には興味がありませんが、スキーは好きで(山スキーではなく、スキー場)、そこから眺める雪山の景色には つい見とれてしまいます。

セールスポイント?
プチ高所恐怖症。
時々、自分でも 「何故こんな所で?」 というような 大したことない所で発症するので困ります。
症状は 軽く気持ち悪くなります。

山行形態
単独 ・ 山小屋泊。
山小屋も楽しみの一つで、私にとっての “快適さ” は、設備の充実よりも、不便でもぬくもりを感じる小屋が好きです。
又、山小屋等で知らない人達とするお喋りも いと楽し。
特に 一人だと、年配の方々が 「お姉ちゃん、お姉ちゃん」 と可愛がってくれるのが嬉しい。(下界では とっくに “お姉ちゃん” ではありませんが)。
同世代の女友達は誰一人 登山に興味が無く、登山=中高年 という方程式らしく、やや変わり者扱いされるのが納得いきません。
だって! 山はかっこいいんだぞーー! だぞーー、だぞぉ

「そんな疲れる・危ないことをして、何が楽しいのか理解できない」 山登りをしない人の言い分は だいたいそんなものでしょう。
登る理由は十人十色ですが、私は 山を想うとワクワクしたり、初恋みたいに胸がキュンッとなったりします。

きっかけ
それまで自然に惹かれることなんて無かったのに、ある日 突然、道端の花に胸キュン。
そして、急に思い立って尾瀬へ。 そこで自然の美しさに衝撃を受け、次は山に登ろうかな、と漠然と思う。

初めての山登り
鳳凰三山 (本当は富士山 単独ですが、富士山は登る山というよりは 見る山だと思うので)
ガイドブックの “アルプス 初級編” という見出しを信じ、低山の経験さえ無いのに いきなり単独で行きました。
綿100%素材で身を固め、雨具は 100円ビニールカッパ。 (本人、真剣に準備しました)
ザックは出発の 3時間前に IBSで購入。
店員さんの 「いつ行くんですか?」 の言葉に、さすがに 「3時間後」 とは言えず、「来週くらぃ・・・」 と にごった返事。
最終日は、もう下るだけだから、と ペットボトルの水を何本か捨ててしまい、ゼーゼーいうハメに。
ややブーツカットの自分のジャージの裾に何度もつっかかり、しまいには、見ず知らずのおじいちゃんが私のザックを前に背負い(抱え)下山してくれました。
(後に、“アルプス 初級編” というのは、“3000m級の山の中では初級” だという事を知る・・・。)

”ガスっている”(霧) も、初め 天然ガス(有毒ガス)のことだと思っていました。
雑誌などで ”ガスが切れるのを見計らって出発” などとある度に、「やっぱり登山て危険なんだ。 ガスが引いて 瞬時に通過するなんて、凄い勇気と判断力だ」 と感心したものです。
今思うと、「天然ガスのわけないだろ」 と自分にツッコミたくなりますが、とにもかくにも、こうして 多くの勘違いから 私のへなちょこ登山歴はスタートしたのでした。



このページは個人的な山行記録に過ぎません。
サイト内の記録は 登山当時のもので、内容の正確さや登山の安全を保障するものではありません。
天候や時間の経過等により状況が変化しますので、各関係機関に最新情報を確認の上、ご自身の責任で計画・行動してください。
本サイトの記載内容に起因したいかなる損害・事故等について、当方は一切責任を負いかねます。
専門家監修のガイドブックや山岳地図等で しっかりとした情報収集をお願いします。

朝日小屋のご主人、清水ゆかりさんの 2008.8.26 の日記、
 『ブログ』の記事だけを頼りに、山を歩かないで下さい!! も併せてご覧ください。


top of page