2008年10月12〜13日

奥大日岳 2611m 中大日岳 2500m 大日岳 2501m

 10/12 (日)  室堂〜新室堂乗越〜室堂乗越〜奥大日岳〜中大日岳〜大日小屋
 10/13 (月)  大日岳〜大日平〜牛ノ首〜登山口〜称名滝

時々

候補地は 『横尾本谷右股〜南岳』 『七倉岳 (船窪小屋)』 『栂池〜白馬大池〜風吹大池』 だったが、相変わらず本調子でない膝や、天気のタイミングをうかがっているうちに、紅葉のピークが少し過ぎてしまった。
それならいっそ ダケカンバの白い幹が見たいと、『室堂〜大日岳〜称名滝』 に決定。
室堂の紅葉ピークは過ぎているけど、標高差のあるこのコースのどこかで 必ず、南下する紅葉前線にぶつかる。
三連休のアルペンルートの激混みが予想されるが、もう仕方ない。

■■ 10/11 (土) ■■
23:10 池袋 出発 〔西武バス〕


■■ 10/12 (日) ■■
5:25 富山駅前 到着

駅のホームは始発を待つ人で溢れていた。


5:44 (始発) 電鉄富山駅 出発 〔富山地方鉄道〕
6:32 立山駅 到着

アルペンルートは既にごった返している。
「1時間待ちです! 直通バスがありますので そちらもご利用下さい!」 という案内に、迷わずバス停に直行。
するとそこには、バスのチケットを求める長蛇の列が。。。 嗚呼、やっぱり そんなに甘くなかったかぁ。
一気にガッカリしたが、思ったより早く、30分程でチケットをGET。

7:30 立山駅前 出発 〔MOUNT EXPRESS〕

紅葉のピークは弥陀ヶ原よりやや下に移っているようだ。 5日程前は、弥陀ヶ原ホテル周辺がすっごく綺麗だったそう。
バスから見る 室堂から大日岳の稜線は とても気持ちが良さそう。
既に登っている登山者達が、アリんこのように見える。
「うわ〜、早くあそこに行きたい!」 と心の中で
足をバタバタ
8:35 室堂 <2450m> 到着
9:00 室堂 出発


これから向かう 奥大日・大日岳方面
アルペンルートが混んでいる為か、室堂はまだそれ程 観光客でごった返しているという感じではない。
これから続々と到着するのだろう。

みくりが池

先月来た時は 緑一色だったけど、今はすっかり秋色で、まるで違う山のよう。

室堂乗越に登り、この稜線を左へ歩いて行く。 気持ち良さそ〜。

24時間入浴できる温泉がある ロッジ立山連峰
9:48 大走り 分岐
9:50 大日岳・剱御前 分岐
10:18 新室堂乗越 <2380m>

枯山といえばそうなのかもしれないけど、快晴のおかげで、茶色とエンジ色がビロードのように輝いている。
山は秋が一番美しいかもしれない。


   1日目 10/12 Part 2 へ続く   


top of page


back to live green 〔 日付順山域別 日付順山域別 ルート順 〕